ほたる荘ロゴ

    人がつながる、想いがつながる 茅葺屋根の小さな図書室 ほたる荘

レモネ〜ド

  • 2017年06月9日
  • BLOG

みなさんこんにちは。
かやぶき屋根のちいさな図書室「ほたる荘」の杉川(幸)です。

広島は梅雨入りして今週末の天気予報にも雨マークが出ていますが、梅雨が終われば本格的な夏が始まりますね。

私の中で夏に飲みたくなる飲み物と言えば「レモネード」なんです。
別に小さい時によく飲んだとかは全くないのですが、なぜかレモネードが大好きです。

なので、ほたる荘でもレモネードをお出ししています。自家製レモネードです。

「せっかく広島に住んでいるのだから、広島のレモンを使おう」と思って調べたのが2月。
レモンは夏の果物だと思い込んでいた私は「冬だからレモンないんだろうなー」と思っていました。

ところが、なんと、レモンは冬の果物だったんです!
夏に食べたくなるレモンが冬のフルーーツなんです!!
みなさん知ってました?

ほたる荘のオープンが4月末。
知人が住んでいる大崎上島や三角島のレモンの出荷を調べたら、11月〜3月。

ピンチ!!

ということで慌てて大崎上島の無農薬栽培レモンを買ったのが3月でした。
それから試行錯誤を繰り返してレモネードが完成したころには5月になっていました。

お陰様でレモネードはほたる荘の看板メニューになりつつあるのですが、気づけばレモンが底をつきており、、、慌ててレモンを追加注文!
5月にも関わらず三角島のNaorai Inc.さんがレモンを準備してくださり、今は三角島の無農薬栽培レモンを使ってレモネードを作っています。

レモネードが猛烈に飲みたくなるであろう灼熱の8月まではレモンの在庫が持たない気もしますが、それまでには別に夏にぴったりなドリンクメニューを開発しようと思います。

何かリクエストがあれば遠慮なくスタッフにお声かけください。
凝り性の代表&図書室長が試行錯誤を繰り返して美味しいドリンクを準備します^^


↑畑仕事の後にレモネードで喉を潤すメンバーの林さん

追伸:せっかく無農薬栽培のレモンを使っているので、レモンの皮を使ってレモンピールを作りました。無料でお召し上がりいただけますので、スタッフに「ブログ見たよ♪」とお声かけください。