ほたる荘ロゴ

    人がつながる、想いがつながる 茅葺屋根の小さな図書室 ほたる荘

1周年!

  • 2018年04月29日
  • BLOG

こんにちは。ほたる荘の杉川幸太です。

今日4月29日は、ほたる荘がオープンをした日です。1周年です!!

「まだ一年?」「もう一年?」と聞かれたら、迷わず「まだ一年」と答えます。この感情が何なのかは分かりませんが、とにかく「まだ一年か。もっと昔からやってる感じがするなー。」そんな感じです。

今住んでいる家 (八本松) の向かいのおばあちゃんから「毛利食品@志和堀」の豆腐をもらったことから始まった志和堀との関わり。里山工房の林浩三さんと出会いほたる荘に一目惚れし、その場で「何かします」と返答。色々な想いを込めて「図書室」にリノベーションすることを決め、広島建築系学生団体scaleのみなさんとのプロジェクトがスタート。井上工務店の井上社長には「ど素人を指導する」という今思えばとても大変な役を受けていただき、クラウドファンディングなどを含め、多くの方に助けていただきました。1年かけて、ゆっくりと、ほたる荘の改修は進みました。


(2016年5月29日、記念すべき1回目の改修作業)


(来室者の目を引くロビーの天井は、学生のアイディアで学生らが色ぬりをしました。RCCの泉水さんも手伝いに来てくれました。)

2017年4月28日。八重桜が満開の日、ほたる荘はオープンしました。子育て中の妻・沙織を室長として、木・金・土の10時〜15時を通常開室美に設定し、スタートしました。誰も来ない日が続くだろうという私たちの予想は外れ、毎日、どなたかが足を運んでくれる日が続きました。1年のうち、誰もこなかった日はたったの1日。それ以外の日は、必ずどなたかがほたる荘にお越しくださいました。本当に嬉しくて、楽しくて、びっくりもしています。

かやぶき屋根の保全には「お金」が必要です。極端に言えばお金さえあれば、県外から茅を買って遠方から職人さんを呼んで、茅を吹きかえることができます。でも、その現状そのものが、かやぶき屋根やその他の文化や伝統がものすごいスピードで消えていっている原因です。今の世の中、不便で不経済なものが、どんなに価値があるものでも、消えていきます。その流れを変えないことには、本当のかやぶき屋根の保全にはならないと思います。昔は「結 (ゆい)」という文化があり、地域全体で助け合いながらかやぶき屋根も含めて、地域社会を維持して来ました。今の社会でその文化をそのまま復活させることは難しいでしょうが、とにかく「多くの人が関わる形で、価値を共有しながら、活用できる形にする」必要があると考え、図書室にし、どなたでも使えるかやぶき古民家、というコンセプトを置きました。

地域の有機農家さんが忘年会や送迎会のための会場として使ってくれたり、ロサンゼルスから来てメキシコ料理を振る舞うイベントを開催してくれたり、古民家ライブを開催してくれたり、ヨガ教室もありましたし、子どもの誕生日会も開かれましたね。ほたる荘は決まった使い方はありません。相談があれば、基本的にはYESと答えて、できる方法を考えます。少しずつですが、みなさんが大切にしている価値観を共有する場所になって来ているのかな、と感じています。


(ほたる荘では突然に色々なことが起こります。そのときの目の輝きは、すごい。大人の目の輝きも、すごい。)


(2017年12月10日、近畿大学の市川先生らと一緒に茅場作りがスタートしました。大きな一歩を踏み出しました。)

1年が経ち、新しい動きもあります。蔵のリノベーションです。広島市内で「ものづくり」をテーマに活動しておられた「つくれば工房」さんが、ほたる荘の蔵を「誰もが使えて誰もが学べるものづくりスペース」として使ってくださいます。そのための改修作業が、スタートしました。これはとっても大きくて大切な流れだと感じています。志和では小学校の統廃合が進んでいきます。これは少子化や経済的な事情で仕方のないことだと思いますが、地域に学びの場がなくなることは、それはそれで心配なことも多くなります。ほたる荘には乳幼児の小さな子供から、大学生、社会人、そしてご年配の方など、様々な年齢や所属の方々が自然と集まっています。そこには「横割り」じゃない学びが存在します。図書室とものづくりスペースをベースにした、地域の学びの場になっていけばいいな、と。そんなことを思いながら最近は活動しています。


(2018年1月13日、蔵リノベがスタートしました。誰もが学べるものづくりスペースを目指して!)

本の数や来室者数などの数字的な振り返りは改めて報告をできたらと思いますが、とにかくこの1年間にほたる荘に関わってくださった全ての方に、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

さて、長文になりましたが最後にご案内です。少しタイミングがずれますが、6月2日&3日に、ほたる荘の1周年記念イベントを開催します。私たちが何かをするというよりも、ほたる荘に関わってくださる方々がみなさんと楽しく過ごせる時間をつくるような、そんな二日間にできたらと思っています。内容は決まったものから随時アップしていきますが、みなさん、スケジュールの確保をお願いします(笑)